読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコトビ、キノウ

ジブンのために、ダレカのために、ササイなことでも。

父のうめき

父が10/04に退院しました。

同じ消化器系&内視鏡治療に慣れているので、「え、1週間くらいとは確かに先生言ってたけど、そんなすぐ退院できるものなの?そんなすぐ重湯→お粥でいいの?」と思ったけど、問題なければそれで、ってことで退院。

で、退院翌日の土曜日。父は頭痛でうめいてました。熱も38度近く。症状的に胃どうこうではなく、退院したらいきなり寒かったりなんだりで恐らく風邪的な症状と思われ。ロキソニンや軽めのカロナールの手持ちは個人的にあったけど、内視鏡治療したばっかりなので念のため病院へ連れて行きました。

普段健康(もしくは鈍感)な父の「いて!…いてぇ…」という新鮮なうめきを聞きつつ向い、結局特に何もなく痛み止めのロキソニン&胃薬ムコスタを処方されたのみ。想像通りといったところでした。

しかし父も耳が遠くなった。言われたことを把握する力がとても弱くなってる。もともと空気とか雰囲気とか相手の意図とか読むことが苦手だし…。たまたま同じ消化器系の病気で、飲んだことのある薬や似たような治療を受けているからいろいろ助けてあげられるけど、違う分野の病気だったらちゃんと同席して一緒に話を聞かないとまずい。

家族が年をとるってなかなか大変。